今の社会ではいろんな場面で資格が必要になってきます。車を運転する時の運転免許、医療をするための医師免許などもろもろあります。以前は「この資格を取得しておけば食いっぱぐれは無い」と言われていた資格が結構ありましたが、今は資格取得者が多くなりすぎた業界などもあり、資格さえ持っていればという考えはあまり通用しなくなっているのも事実です。しかしそれらの資格を創設した際には目的があったはずで、社会情勢の変化で時代に合わなくなったものも出てきています。ですのでそれぞれの資格について、今と今後を十分に見据え新たなルールを作る等の対応が必要になってきたと感じます。  特に今後については予想される社会情勢を考慮し、資格を取得する事にメリットを感じさせるような体制が必要になってくると思われます。その為には無資格者への罰則を強化したり、有資格者を登録して管理する事、またスキルが伴っているか判断する為の更新試験の導入などが挙げられます。